葬式の流れ、葬儀と火葬について大人としての知識

葬儀手引

葬儀

sougi

葬儀とは、一般的に葬式とも呼ばれていますが正確には葬儀式といいます。
これは亡くなられた方の冥福をお祈りし、別れを告げる儀式のことをさします。

歴史

葬儀の起源とは、お釈迦のご両親、お釈迦様が亡くなられた時にさかのぼります。
これは、古代のインドの理想的な王である転輪王の葬儀がその原型となります。
まず遺体を布や綿で体をまき、棺に入れます。
そして、香木の上に載せ火葬し、その後塔をたてて供養していました。

こうした由来にもとづいて、仏教各宗がそれぞれの宗義に合わせて儀式を行なってきたのです。

違い

sousiki

葬儀とは、故人のためにある儀式で、故人を彼岸におくるためであるといわれています。
彼岸とはあの世のことを意味していて、現世のことを此岸といいます。

故人の宗派によって葬儀の種類、様式が変わってくるように、違いとはきちんと取り入れていかなければいけません。

そして、もともとは葬儀式一本だったのですが参列者が多くなったことで呼び名がかわりました。
告別式と呼ばれるものは、参列者が自宅に収容できなくなったことで、儀式終了後に参列者が焼香を行う時間として取り入れられているものです。

故人の交友関係によっても、告別式の有無が儀式の規模が異なってきます。
身近な方が亡くなった時には、故人が生きてきた課程で最期のお別れの儀式を取り入れていかなければいけないのです。

また、残された遺族にとっても故人を受け入れるという意味でも必要な儀式とされています。
このように、という事実を受け止めることが故人を弔うということになるのです。


外部リンク

川越での葬儀はこちらに会社に『E葬儀屋』
東京で選ばれている葬儀社といえば #有限会社 龍黄社
横浜の葬儀業者といえば:一心葬
横浜の葬儀業社ならこちらです|綜合式典
家族葬なら神戸で実績のある|善行社

ニュース

2013/10/15
葬式を更新しました
2013/10/15
火葬を更新しました
2014/04/01
家族葬を更新しました