葬儀の方法を学ぼう~葬儀の事なら葬儀会社に任せよう~式典ナビ

女の人

葬儀の種類

ろうそく

火葬とは、遺体を焼却し葬るためのものであり、葬儀の方法の1つとされています。火葬後の遺体は、骨壷と言われる壺に入れ墓や納骨堂に納められます。インドからわたってきた方法です。

Read More...

変わらない工程

花

葬式とは通夜、葬儀、告別式を総括して呼ぶ際の名称といわれています。葬式の一般的な流れやマナーとは、大人としてきちんと蓄えておかなければいけません。葬儀の工程は変わってくることもあります。

Read More...

家族葬の方法

線香

家族葬とは、近年生み出された葬儀の形態です。一般的な葬儀では故人の近親者を親戚から友人まで広く呼び寄せますが、家族葬の場合は家族のみでごく小規模な葬儀を執り行います。密葬の一種として扱われており、葬儀が終了するまでは口外しないことが原則です。家族やごく親しい親戚といった気のおけない人々が集まり、故人の死を弔います。近親者のみで執り行うことで、弔問客をもてなす必要がなく、遺族は心にゆとりを持って故人の見送りをすることができるのです。家族葬を終えた後、葬儀に招かなかった人々に故人の死亡を連絡します。家族葬という言葉の意味が正確に広まっていないため、葬儀を終える前に死亡を伝えると従来の慣習通り弔問に駆けつけてくるケースが多く、葬儀式場が混雑して段取り通りに式を終えることができないことがあるからです。葬儀に招かれなかった人に対して不義理とならないよう、事後通知で死亡を知らせた後、故人を偲ぶ会、お別れの会といった別れの場を設けることが一般的です。葬儀の方法をある程度把握しておくことも大切ですが、葬儀の方法は葬儀ごとに変わってくることが多いため、葬儀会社とともにその方法を把握しておくことが大切です。そうなると葬儀の方法をわかりやすく説明してくれるため、どのような葬儀を行うといいかも把握できるでしょう。葬儀の方法により、その葬儀にどのような意味合いが込められているか変わってきます。ただ、葬儀の目的は変わらないといえるでしょう。

終活を安全に進める

香典

最近、終活で葬儀のタイプや墓の形状に至るまで自由に決められるようになっています。しかし、家族に相談ナシで勝手に決定するわけにはいきません。トラブル回避のためにも、家族と一緒に川越などの葬儀業者に相談しましょう。

Read More...